「外食感想」どてちん 再訪まとめレビュー


 

RAIMEIです。次からは再訪したお店は別ページにまとめのレビューを作ることにしました。

今回はどてちんⅢさん(千葉県佐倉市井野1491-1 京成勝田台駅近く)です

味のカスタマイズの張り紙、個人的には、味濃いめ、脂増し、にんにく増し、やさい増しがお勧めです。中高生で友達同士で行くと安いので、行ってみると良い思い出になるかも。

・つけ麺(750円)

僕は、味濃いめ、ニンニク以外増しにしました。麺量値段同一で200、300、400から選択で、僕は400gにしました。

やさい増しのつけ麺のタレです(ニンニクは普通)。モヤシをどかさないとがつけられない。以前はもっとモヤシが多かったらしい。

つけタレは、甘い味で美味しいです。ライトな豚骨に魚介の風味も感じます。ここの店は正直に言うと単体のスープやタレのクオリティはけして高くありません。ただし全体のコンビネーションにより味が組み立てられています。

ポイントは
①作る人によってクオリティがかなり違うということ、
②辛い麺はどて餡によって辛みとうま味がミックスられて、増していること
③ライトなラーメン・つけ麺ものモヤシのシャキシャキ感や脂やタレの濃厚さ、叉焼の脂身によって美味しい食べごたえのある味に仕上がっていること

です。たいていの人は辛い麺を頼みますが、僕はこのライトな豚骨も好きです。野菜増しにすると水分で味が薄まることも考えて、濃いめ、脂増しにすると、濃厚な味を楽しめます(味濃いのが苦手な人は普通でも濃いと感じると思います)。

は灰色の四角い感じの麺です。中華めんというよりうどんのような感じ?格別な旨味がない反面、癖がなくて食べやすいです。400gでもするすると入ります(歯ごたえはしっかりしてますけど)。750円で400gまで食べられるのはお得ですよね。昔はたしか680円だったけど。

総評として、リーズナブルでお腹いっぱいになれる、庶民の味方の素晴らしいつけ麺です。ラーメン・つけ麺は、普通の人の味覚だと濃厚、ラーメンに慣れている人の味覚だとライトな味だと思います。

 

・叉焼メン(大盛り300g 1050円 増税前 味濃いめ、脂多め、ニンニク多め)

叉焼について今まで味が薄くていまいちだと思っていたんですけど、スープにつけて食べると美味しいですね。味の組み立てはスープが多く味が薄めなことを除いて、基本的につけ麺とあまり変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です